お問合せ

お知らせ

 

 

沖縄県でも太陽光発電システムを設置している家庭も大分増えてきました。ピーク時と比べたら設置件数は落ちてきましたが、まだまだ太陽光を設置したいという、お客様は後を絶ちません。

 

そこで改めて沖縄県での太陽光発電システムのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

 

 

太陽光のメリット

 

 電気が売れる(経済的メリット)

太陽光発電システムの設置において最大のメリットは、創った電気を電力会社に売電することが上げられます。2009年に始まった自然エネルギーの普及促進の為の固定価格買い取り制度が設けられました。売電価格が大幅に引き上げられとことで経済的メリットが大幅にアップしました。

 

2017年現在は余剰買取(1kw/30円)、全量買取(1kw/21円)税別。

 

固定価格買取制度が始まって8年経ちますが、システムの普及により導入価格も合わせて低下しています。まだまだ太陽光発電システムの経済的メリットはあると言ってよいでしょう。

 

 

クリーンなエネルギー(創エネ)

太陽光発電システムは、太陽光というほぼ無限のエネルギーを電気にすることでCO2(二酸化炭素)などを排出しないクリーンなエネルギーを創ることができます。

 

30年後、50年後の私達の子供や孫の代にきれいな地球を維持したいものです。

 

 

停電時の予備電源

太陽光発電システムはご存じのとおり、太陽の光が電源。

 

そのため電力会社から電力供給がストップ(停電)した場合でも、パワコンを自立運転に切り替えれば一定の範囲内でテレビや冷蔵庫などの家電製品を動かすこともできます。

 

停電の多い地区にとってはメリットと言えるでしょう。但し雨天時や夜間は太陽が出ていないので使えません。

 

 

遮熱効果(エアコン代の経費削減)

太陽光発電システムは基本、屋上や屋根に設置します。

 

なので屋根や屋上に直接陽が当たらないためシステムを設置した階下の部屋の室内温度は夏場、6℃~8℃落ちると言われています。そのためエアコンの光熱費の削減につながります。

 

実は沖縄県で太陽光発電システムを設置したお客様から一番喜ばれているのがこの事です。

 

 

家庭内の省エネ意識の向上

太陽光発電システムは基本、発電した電気を使用して余った電気を売る(売電)。電気使用料が増えると当然、売電して振込される金額も下がってきます。

 

なので、できるだけ電力を消費しないように意識が高まる家庭が多いようですね。子供たちがエアコンをつけっぱなしで遊びにいく、ということが少なくなった。という声もお客様から聞いております。

 

 

 

太陽光のデメリット

 

 

設置費用が高額

以前と比べて導入価格が下がったといえ太陽光システムの規模にも変わりますが、導入費は数百万円もの費用が掛かかる大きな投資ですよね。

 

なので業者選びが最大のポイント。導入費や発電シミュレーション(収支の計算表)もしっかり確認しましょう。

 

見積は1社だけでなく何社かとって見比べてください。(その際はフクデンインターナショナルも宜しくお願いします。(^_^.))

 

雨漏り・屋根の損傷のリスク

施工IDを持ったしっかりとした設置業者が施工を行えば、屋根の雨漏りや損傷などリスクはほとんどありません。

 

しかしながら施工IDを持っていない業者が太陽光を設置して、仮に雨漏りや何らかのトラブルがあるとメーカーの保証を受けられない場合もあります。

 

また設置件数の少ない業者や工事を下請けに丸投げしている業者が設置した物件が雨漏りの被害の比率が高いと聞いています。

 

このことも上記でお話しした業者選びが大切です。

 

 

台風などの災害のリスク

特に沖縄の場合は台風銀座と言われるほど台風が多い地区。

 

メーカーの指示された範囲内でのシステム設置であれば、そうそう吹き飛ばされるということは考えにくいのですが、例えば太陽光発電システムを低価格で販売している業者は、会社に利益を残すために架台(太陽光が乗っている脚)を細くし設置しているところも実際にあります。

 

価格だけに目を向けないで、しっかりと設置内容も確認しましょう。

 

 

影の影響で十分に発電しない

太陽光発電システムの効率を最大限上げるには南向けがベスト。北側向けに設置すると南側に比べて65%以下の効率しか見込めません。

 

一部の業者ですが、発電があまり見込めないのに設置をすすめるようなケースもあると聞いています。設置する際の図面と発電シミュレーションはしっかりと確認しましょう。

 

 

固定価格買い取り終了後のリスク

固定価格買取制度は余剰で10年、全量で20年その後は売電はできるの?売電価格はいくらなの?このような質問が最近増えてきました。

 

実際のところ経済産業省からの発表はまだありません。これは、あくまで予想ですが売電価格は下がると思いますが、買い取ってくれると思います。

 

その理由として、現在日本全国で何百万世帯が太陽光発電システムを導入しています。仮に売電ができなくなると、せっかくできたクリーンな自然エネルギーはどうなるのでしょうか?

 

太陽光発電システムの普及促進の理由は温室効果ガスの削減と自国でのエネルギー創造です。そういった観点から売電は固定価格買取が終わっても、続けて売電ができると考えられます。

 

 

まとめ

 

以上がだいたいの太陽光発電システムのメリット、デメリットです。こまかく言いますとまだまだありますが・・・、今回は設置するか?迷っている方の最低限の判断基準です。

 

ただ私から言わせてもらえば、これからでも太陽光発電システムの導入はメリットは大きいと思います。

 

例えば、電気料金が月平均で15,000円支払っている家庭では1年間で180,000円、10年で1,800,000円、20年で3,600,000円・・・。

 

光熱費って考え方を変えれば一生支払っていくローンみたいなもの、太陽光発電システムを設置すると導入費は高額のため、ほとんどの方が太陽光ローンで支払っています。

 

しかし太陽光ローンはいずれ終わります。導入費の支払いが終わりましたら、電気料金は大幅に削減できます。太陽光システムの規模が大きい家庭であれば逆にお金が戻ってくるところもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/02/04

太陽光は故障はしない?

 

 

太陽光発電システムは火力発電や風力発電のように物を動かして発電するのではないため、本質的には故障しにくい発電方法です。なので普段は放っておけば勝手に発電します。

 

また故障の際は故障した箇所を交換すれば、ほとんどが正常に戻ります。弊社で設置したお客様の故障の事例はモジュールよりもパワーコンディショナーなどの周辺機器で故障が起こる事例が多くあります。

 

仮にシステムに異常があればモニターやパワーコンディショナーに表示されますので、特に台風後や落雷後にはチェックが必要です。また太陽光モジュールに飛来物が当たってモジュールのガラスにヒビ割れのケースもあります。定期的にモニターをチェックすることが発電を維持するのに最も大切な事です。

 

なので数年ごとに販売店やメーカーの点検を受けることが望ましいです。

 

更に、最近では太陽光発電システム側の故障ではなく、電力網(系統)側のトラブルが多く見受けられます。これは系統側の電圧が高すぎて安全装置が働き、せっかく発電した電力が系統側に送られない(逆潮流が抑制される)ためです。

 

これは電力会社との調整が必要なので、先ずは販売店に相談してみてください。

 

弊社(株)フクデンインターナショナルでは設置後、3ヶ月、1年、3年、5年、7年、9~10年の間、定期的に無料点検を行っています。また他社で設置した太陽光システムでも有償にはなりますが、点検を行っていますので気になる方は遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

2016/12/07

 

太陽光モジュールの寿命は何年あるの?

 

 

 

太陽光モジュールは太陽の光を直接受けて電気に変えるので基本的には長寿命です。実は1970年代初頭に設置した初期型の太陽光モジュールでも30年以上稼働している実例もあります。

 

一般的な結晶シリコン太陽光モジュールの場合はシリコン石を約1.2mmにスライスしたモジュール(セル)を並べて強化ガラスで密封した状態が太陽光パネル。

 

またシリコン石は“石”のようなものなので、ほとんど経年劣化はしません。太陽光モジュールの寿命はセルや電気回路を雨風から守る樹脂やガラス、金属部分の耐久性によって決まります。

 

なので現在発売されている太陽光モジュールについては20年~35年以上は期待寿命があると言われていて、実際にメーカーの太陽光パネルの出力保障は20年~25年が一般的です。

 

ただ、ガラスの変色や電気配線の劣化によってモジュールの出力は年々下がっていきますが、設置する際に適切な設計をしているのであれば、20年利用しても初年度の9割前後の発電量は維持できます。

 

しかしながらパワーコンディショナーなどの周辺機器については10年~15年程度の目安でメンテナンスが必要になる場合もあります。

 

弊社、(株)フクデンインターナショナルでは設置後、3ヶ月、1年、3年、5年、7年、9年~10年の間は定期的にメンテナンス部の社員がお客様のご自宅を訪問し、異常があるか点検を行っております。

 

これから太陽光発電システムをご検討のお客様!太陽光の疑問、質問はご遠慮なくメールやお電話でお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/12/03

 

 

2016年もあと1ヵ月、少しずつ冬の景色に沖縄でもなってきました。今年度の売電価格、余剰で33円、全量で24円(税抜)の申し込みも、そろそろ申し込まないと権利が取れなくなってきます。

 

それが原因なのか太陽光発電システムの見積もり申込みが増えてきています。その中で一番多い質問が「太陽光発電システムは今の売電価格でも投資した元は取れるのでしょうか?」という事。

 

ズバリ!現在の売電価格でも、太陽光発電システムは十分に投資した元は回収できます。

 

太陽光発電システムの耐久年数は20年~35年以上とも言われ、メーカーもシステムの保証が10年~20年、モジュールの発電保障も20年~25年を設けています。

 

分かりやすく言いますと、太陽光を設置しないで従量電灯契約(オール電化をしていない家庭)だと5人家族で平均の電気代が月で12,000円前後と言われ、電気使用量が500kwぐらいです。

 

例えば電気代が月に12,000円使用する家庭であれば・・・

 

12,000円×12か月=144,000円

 

20年間だと

 

144,000円×20年=2,880,000円

 

30年間だと

 

144,000円×30年=4,320,000円

 

電気代って結構かかりますよね。

 

そのお宅が5kwの太陽光発電システムを設置すると、余剰買取で10年間は1kw、33円で売電できます。

 

弊社が設置した沖縄県内の5kwのシステムでの発電量が月で約500kw発電しています。単純な計算ですが500kw×33円=16,500円の収入が得られるという事です。

 

16,500円×12か月=198,000円

 

10年間だと・・・

 

198,000円×10年=1,980,000円

 

現在、弊社で5kwの太陽光発電システムはモジュールやパワコンなどの種類でも変わりますが、200万円前後で販売しています。

 

つまり9年~10年前後で太陽光発電システムに投資した元は取れるという事。もちろん、その間はメーカーの保証も付いていて、災害補償も弊社は損保ジャパンさんを通して10年付いています。

 

10年後の売電価格は経済産業省も発表していませんが、仮に10年後に蓄電池を設置するのであれば電力から電気を購入しないで生活ができる可能性があるということです。

 

太陽光システムは売電収入以外にもいくつかのメリットがありますので、ご興味のある方は是非とも弊社フクデンインターナショナルに遠慮なくご連絡下さい。

 

まってま~す!

 

 

 

 

 

 

 

2016/11/24

 

 

 

平成22年度に始まった固定価格買い取り制度。当初、電力会社の買い取り価格が1kwh48円でした。その後下記の通り売電価格が下がっていきましたね。

 

平成22年度 48円平成23年度 42円

平成24年度 42円(全量買取り:40円+税)

平成25年度 38円(全量買取り:36円+税)

平成26年度 37円(全量買取り:32円+税)

平成27年度 35円(全量買取り:27円+税)

平成28年度 33円(全量買取り:24円+税)

 

平成27年度以降は抑制器付パワコンを使用。1年間のうちパワコンが作動している360時間を電力会社が売電をストップするとの事。しかしながら、沖縄電力に確認したところ今の所どのようにパワコンを止めるのかを検討している段階だそうです。

 

なので平成28年度9月現在では弊社が設置した太陽光発電が抑制をかけられた所はありません。

 

このような以前と比べてメリットが下がっている状況の中で28年度に太陽光発電システムを設置してもメリットはあるのか?このような疑問、質問が多く届いています。

 

結論から申し上げますが28年度現在でも太陽光発電システムを設置しても大いにメリットはあります。

 

弊社フクデンインターナショナルではお客様にメリットが出るような大幅に設置価格を下げて太陽光発電システムを販売しております。

 

無料シミュレーションを受け付け致しておりますので、設置するしないは別にして気軽にお声掛け下さいね。

 

 

フリーダイヤル:0120-35-2910

 

 

 

 

2016/10/04

 

 

太陽光発電システム・・・、最近いろんな所で見かけます。住宅の屋根や駐車場の上、アパートの屋根や空いた土地(野立て)などいろいろな場所で設置されています。

 

地球温暖化の防止というよりも、どちらかといえば投資目的で設置されている太陽光発電システムですが、その売電コストはいったい誰が払って、いくら支払いしているのでしょうか?今回はこの事について簡単にまとめてみました。

 

太陽光発電システムを設置し、電力会社に売電して支払されるお金ですが正式名称は「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と呼ばれています。

 

このお金はご存じの方も多いと思いますが、電気を使用している日本国民全員でお支払しています。そして金額算出方法ですが下記の通りです。

 

平成28年5月~

再生可能エネルギー発電促進賦課金=電気の使用量(kwh)×2.25円

 

例えば1月の電力使用量が300kwhの場合は・・・

 

300kwh×2.25円=675円。

 

電力明細に支払金額の下に小さく書いています。確認してみてくださいね。

 

ちなみに、この再生可能エネルギー発電促進賦課金ですが毎年見直されています。これまでの流れだと毎年上がっていますよ。

 

 

 

 

 

 

2016/09/30

 毎年売電価格が下がっている太陽光は本当に今でもメリットはあるのか?

 

 

2016年度、沖縄電力管轄内の売電価格は抑制対象地域のため余剰で33円全量で24円(税抜)です。来年度2017年度は、おそらく売電価格は引き下げられるでしょう。

 

このように毎年売電価格が下がっている状況の中ではたして太陽光発電システムを設置してメリットはあるのでしょうか?このように懸念される方も多いと思います。

 

結論から申し上げますが、在でも太陽光発電システムは間違いなく設置したほうが大いにメリットはあります。今回はその理由を簡単にまとめてみました。

 

 

 

初期コストが安くなってきた

 

固定価格買い取り制度が始まった2009年度は、まだまだ太陽光発電の普及が少なかった為システム自体の価格が高かった。

 

しかし、国内での太陽光が普及し始めてシステム自体の値段が年々下がっきて、販売店の努力もありますが2016年現在は6年前の約半額まで落ちてきている。

 

 

太陽光発電及びパワコンの変換効率が上がった

 

国内メーカ―のみならず海外メーカーの技術が大幅に上昇し、太陽光パネルやパワーコンディショナーの性能が抜群に上がってきて、効率よく太陽光を電力エネルギーに変換できるようになってきております。

 

売電価格は下がっているのですが、変換効率が上がっているので以前とくらべて発電量が増えてきています。

 

太陽光を設置すると部屋の温度が下がる

 

沖縄では実は、このことがお客様から大変喜ばれています。太陽光発電を設置すると屋根の上に帽子を被せた状態になります。つまり直射日光が直接当たらないために太陽光発電を設置した下の部屋の温度が6~8度下がります。

 

暑い沖縄ではまさに天国。本当に快適に過ごすことができます。共稼ぎが多い沖縄では、お昼はほとんど家にいない!という方もいますが、夏休みなどお子さんがいる家庭ではエアコンの電気料金がものすごく下がったという声もよく聞きます。

 

 

再生可能エネルギー賦課金制度

 

「再生可能エネルギー賦課金制度」あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これは太陽光発電だけでなく、すべての再生可能エネルギー(太陽光、風力、バイオマス、地熱etc)の買い取りするお金は国民全員でお支払しています。

 

2016年度は1kwあたり2.25円。4人家族の平均の電気使用量300kwで換算すると・・・。

 

2.25円×300kw=675円 年間675円×12か月=8100円になります。

 

太陽光を設置している家庭もお支払していますが、太陽光を設置していない家庭も毎月お支払しています。

 

これらの事から売電価格が下がっている現在でも太陽光発電システム、特に住宅用の太陽光発電は十分にメリットがあるといえるでしょう。太陽光の設置をあきらめた!太陽光はもう遅いんじゃないの!売電価格が下がっているからメリットはない!そんな方、一度フクデンインターナショナルに相談してみてください。

 

 

フクデンインターナショナル:施工事例

 

 

 

2016/09/28
ページトップ